日本商工会議所の2021年度検定試験「最優秀者」表彰式を取材! 日商簿記1級の表彰者は公認会計士試験にも挑戦


6月23日(木)、2021年度に施行された商工会議所検定のうち、「日商簿記検定」「リテールマーケティング(販売士)検定」「日商PC検定」の1級における最優秀者5名の表彰式が、東京商工会議所(東京都千代田区)で行われました。

コロナ禍により3年ぶりの開催となった表彰式。

表彰式では、三村明夫会頭の「高い目標を掲げて日々研鑽を積まれ、最上級の試験に最も優秀な成績で合格された並々ならぬ努力に心から敬意を表します。少子高齢化により労働力人口が急速に減少しているなか、その克服に向けて、日本全体での産業人材のさらなる活躍と生産性の向上が必要になります。皆さんは、コロナ禍で検定試験が中止になるなど、先行きが極めて不透明ななか、目標を見失うことなく、学習をたえず継続され、見事な成果を挙げられました。今後さらに研鑽を深め、地域を牽引する産業人材として活躍され、その結果として日本全体の活力が評価されることを願います。」というお祝いの言葉とともに、表彰状と記念品が授与されました。

今回、表彰を受けた最優秀者は以下のとおりです。

日商簿記検定1級
第158回(2021年6月施行) 藤木 祥 氏(21歳・神奈川県在住) 
第159回(2021年11月施行) 今峰 佐起人 氏(21歳・鳥取県在住)

リテールマーケティング(販売士)検定1級
河合 真人 氏(49歳・愛知県在住)

日商PC検定1級
文書作成(2022年2月施行) 松岡 拓海 氏(20歳・広島県在住)
データ活用(2021年10月施行) 杉沢 友美 氏(36歳・埼玉県在住)

(トップ写真:前列左から杉沢氏、三村会頭、荒井理事・事務局長、河合氏。後列左から松岡氏、今峰氏、藤木氏。)

日商簿記検定で表彰された2名は、公認会計士試験の学習過程のなかで1級に合格されたとのこと。

会計人コースWebでは後日、藤木さん・今峰さんへのインタビューを掲載予定です。ご期待ください!


関連記事

ページ上部へ戻る