【コロナ禍の今こそ理解したい 「資金繰り」超入門Q&A】第5回(完) 資金繰りを改善させるためには?


第4回「資金繰り表を分析してみよう!」はこちら

資金繰りがいつも不安です。

安心して経営できるように改善したいのですがどのように進めたらよいでしょうか?

資金繰りについて「学び」、現状分析により「気づき」、解決に向けて「動き」、安定した状態を「続ける」、この資金繰り改善の4ステップで進めましょう。

ステップ1:学ぶ

最初のステップは「学ぶ」です。

以前、資金繰りに四苦八苦している経営者が相談に来ました。

「決算書を見てもよくわかりません。私にとって英字新聞みたいなものですから…」

なるほど言い得て妙だ、と感心している私に「会社をよくするために、この英字新聞を読めるようになりたいです」と真剣な表情で懇願してきたので、初歩的な内容から丁寧に教えました。

すると、

「会社の決算書の内容がわかってきました」

「経営努力の結果が月次試算表の金額の変化に表れるのでやりがいあります」

「必要利益を確保するには売上は1億7千万円以上ないといけませんね」

などと話の内容も徐々にレベルアップし、やがて業績は改善し資金繰りも安定しました。

そのときの経営者の言葉が大変印象的でした。

「会計はおもしろいですね、これは武器になります。」

そう、会計で会社は強くなれるのです。

「経理は苦手で…」と食わず嫌いの経営者は会計を丸投げし、せっかくの武器を捨てるようなものです。

まずは最低限の知識を学びましょう。

ステップ2:気づく

学んで会計の知識が増えてくると、決算書や月次試算表、資金繰り表の内容がわかるようになります。

自社の過去の数値や同業他社と比較して現状分析ができ、多くの「気づき」を得ることができるのです。

「回収サイトが長くなってきた」

「在庫が増加傾向にある」

「粗利率が落ちてきたので利益の確保が心配だ」などなど…

この気づきが「経営課題の抽出」とその「原因分析」につながるのです。

経営計画や利益計画、資金繰り予定表と現状のギャップに気づき、解決に向けて新たな行動を起こしましょう。

ステップ3:動く

伸びる会社とそうでない会社の違いはこの「動く」にあります。

問題を解決するために、どう具体的に「動く」のか? 

ここが最大のポイントです。

何をすべきかをいくら知っていても動かなければ、なんら結果は変わりません。

資金繰り改善の原則は「入りは早く、出は遅く」です。

そのために会社で何をすべきか、得意先や取引先にどう交渉するか、など具体的な解決策と行動計画に基づき実践し、資金繰りの安定化を図りましょう。

ステップ4:続ける

一朝一夕に資金繰りの改善はできません。

PDCAサイクルを回し「続ける」ことが大切です。

経営計画や利益計画、資金繰り予定表を作成し続け、実行し、月次試算表と資金繰り表でチェックし、さらなる改善にむけて進めることで、成果は間違いなく表れます

「継続は力なり」、頑張りましょう。

<資金繰り改善の4ステップ>

ステップ1 学ぶ
・資金繰りに関する基礎知識を習得

ステップ2 気づく
・現状分析
・経営課題の抽出
・原因分析
↓ 
ステップ3 動く
・解決方法の立案
・行動計画
・実践   

ステップ4 続ける
・PDCAサイクルを回し続ける

ここまで5回にわたって資金繰りの超基本となる知識を解説してきました。

具体的な4つのステップについては、本特集のベースとなっている『4つのステップで社長の悩み解消!資金繰りなるほどQ&A』をぜひご活用ください。

資金繰りを考えることにより、さまざまな経営課題が浮き彫りになります。

これを手がかりとして経営課題に挑むことによって、多くの中小企業が存続・成長・発展していただきたいと強く願っています!

〈執筆者紹介〉
増山 英和(ますやま・ひでかず)
税理士・CFP
1988年、中央大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。現在、増山会計事務所、増山総研、相続・事業承継支援センター代表、NPO法人相続支援協会理事長、茨城県中小企業家同友会代表理事、TKC全国会中小企業支援委員会委員長。常磐大学短期大学部非常勤講師を歴任。認定経営革新等支援機関として徹底した財務・経営指導や、ファイナンシャルプランナーとして事業承継・相続対策には定評がある。わかりやすくためになる著書・講演やラジオ番組が好評。
(主要著書)
『中小企業金融における会計の役割』共著、中央経済社、2017年
『中小企業BANTO認定試験 公式テキスト』共著、中央経済社、2019年
『実践!経営助言』共著、TKC出版、2012年
『中小企業の事業承継戦略(第3版)』共著、TKC出版、2017年 他

◆本特集は、増山 英和著『4つのステップで社長の悩み解消!資金繰りなるほどQ&A』(中央経済社刊)の一部を要約したものです。

増山 英和 著
定価:1,980円(税込)
発行日:2021/04/30
A5判 / 160頁
ISBN:978-4-502-38491-2
ご購入はこちらから


関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る