<直前期集中連載>財表理論 インプット&アウトプット同時マスター講座(第21回)―のれん


Ⅲ 資産会計⑪

8.のれん

45.のれんの定義 ★★
 のれんとは,①取得原価が,受け入れた資産及び引き受けた負債に②配分された純額を③上回る場合の当該④超過額をいう。

46.自己創設のれんの資産計上が認められない理由 ★★
(1) 自己創設のれんの計上は,①経営者による企業価値の自己評価・自己申告を意味するため,財務報告の目的すなわち②事実の開示に反するからである。

(2) 現行制度会計上,③原価実現主義会計に立脚しているため,資産の測定は支出額により,収益の認識測定は④実現主義の原則により行われる。しかし,自己創設のれんの計上は⑤取得原価の測定が困難なうえ,当該⑥測定値に客観性がなく,恣意性が介入する危険性が多く,利益計算上,⑦未実現利益の計上につながることになる。

*自宅学習などで音読可能であれば、ぜひ音読しましょう!


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る