毎日簿記10分ドリル㉔-為替予約(独立処理)


<問題(解答時間5分)>

次の〔資料〕に基づき,下記の問に答えなさい。なお,為替予約の会計処理には,原則処理を用いる。また,会計期間は,1月1日から12月31日までである。〔平成28年第Ⅰ回短答式問題19・改題〕

問1 X1年11月1日の仕入時の仕訳を示しなさい。
問2 X1年12月31日の整理仕訳をヘッジ対象とヘッジ手段ごとに示しなさい。
問3 X2年3月30日の決済時の仕訳をヘッジ対象とヘッジ手段ごとに示しなさい。

〔資料〕
1.X1年11月1日に,商品1,500千ドルを仕入れた。代金は掛けとして,支払期日はX2年3月30日である。
2.X1年12月1日に,この外貨建買掛金の為替変動によるキャッシュ・フロー変動リスクをヘッジするため,X2年3月30日を決済日とする1,500千ドルのドル買い円売り為替予約を締結した。
3.直物為替レートおよびX2年3月30日を決済日とする先物為替レートの推移は,以下のとおりである(1ドル当たりの円貨額)。

<ヒント>
為替予約の会計処理の原則処理は独立処理である。よって,ヘッジ対象(外貨建金銭債務)とヘッジ手段(為替予約・デリバティブ取引)とに区分して会計処理を行うこと。よって,ヘッジ対象の会計処理は為替予約がなかった場合と同様に,換算損益および決済損益を算定するとともに,ヘッジ手段は決算日に時価評価を行い,評価損益を為替差損益として当期の損益に計上する。

加藤大吾先生

ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年4月号発売中!

ランキング

  1. 1
    受験生の皆さん、桜も咲き、暖かい日が増えてきましたね。今年は新型コロナウイルスの影響で、お花見も自…
  2. 2
    国税庁
    会計人コースWeb編集部 コロナウイルスが感染拡大している影響もあって、編集部宛てに「今年の…
  3. 3
    名前:岩上孝子さん(30代,税理士事務所勤務)合格科目:簿記論(平成24年),財務諸表論(平成25…
  4. 4
    この記事は『会計人コース』2020年4月号の付録「これだけは解いておきたい 簿・財 Aランク過去…
  5. 5
     みなさん、財表理論、どう勉強していますか?  税理士・会計士受験生の中には、「計算は得意だ…
ページ上部へ戻る