【イメージでつかむ会計基準】第25回:重要性の原則(2)


渡邉 圭

前回解説したように、大事なものは細かく表示、重要でないものは簡単に表示します。

1ヵ月の食費を調べるとして、生活の中で密接なものは詳細に表示します。

チョコやポテチ等のお菓子を月に少量しか買わないとしたら、簡単にまとめて表示します。

詳細に表示するか、簡単に表示するかは支出の多さ等で判断します。

重要性が高いか低いかは、利害関係者の判断を誤らせないかどうかで決定します。具体的には、金額の大小で判断する「金額の重要性」と、取引の内容等で判断する「科目の重要性」という判断基準があります。

たとえば、貸借対照表に「その他の資産」の表示科目があり、その金額が1,000,000円だったとします。そのうち、900,000円が長期貸付金で、資産全体の金額の中で割合も高ければ、「その他の資産」と区別し「長期貸付金」として表示を行う必要があります。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  2. 2
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  3. 3
    みなさん、こんにちは! 「会計人コースWeb」編集部です。 大学生の人気が高まっているという…
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
  5. 5
    藤木 広(資格試験のFIN主任講師/公認会計士・税理士) 令和3年公認会計士試験(短答式)の…
ページ上部へ戻る