簿・財総合問題をどう攻略するか?


個別問題は解けるけど、総合問題はニガ手という受験生も多いはず。
 
では、どう攻略していけばよいでしょうか?
 
本誌1月号から、新連載「簿・財 ブラッシュアップ総合問題」をスタートしています。
執筆は、本誌おなじみの加藤大吾先生(早稲田大学大学院会計研究科専任講師・公認会計士)!
 
本連載では,全8回にわたり,税理士試験の簿記論および財務諸表論の第三問で出題される総合問題対策として,総合問題の解き方を解説していきます。今年初めて税理士試験を受験する方のみならず,次のような受験生に対して,本連載を通じて学習目標を提案しています。
 
①総合問題の解き方に自信がない受験生
→計算方法だけを丸暗記するのではなく,基本に立ち返り,必ず決算整理仕訳を行い,解答する方法を身につけよう。

②合格点まであと一歩及ばない受験生
→問題を見極める実力を身につけて,必ず解答しなければならない箇所を落とさないようにしよう。

③合格後,実務で通用する実力を身につけたい受験生
→合格点ぎりぎりを目指すのではなく,普段から完全に解答できるまで繰り返し,解き切る感覚を身につけよう。


固定ページ:

1

2 3

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る