1日3分でボーダー突破♪ 税理士試験 計算×理論30題―【9日目】有価証券(その他有価証券)


問 題
(目標時間:1分 難易度:易)

下記に示す資料を参考にして,投資有価証券関係の決算において必要な仕訳を示しなさい。

(資 料)

1 決算整理前残高試算表には投資有価証券勘定268,000円と貸方に有価証券評価差額金勘定9,600円と繰延税金負債6,400円が計上されている。この投資有価証券はその他有価証券に分類されるものである。

2 この投資有価証券は本来,期首に洗替処理すべきであったが,この処理が行われていなかった。

3 資金的な事情により,期首にこの投資有価証券の半分を134,000円で売却して現金を受け取っているが未処理である。

4 期末における残り半分の投資有価証券の時価は121,000円で,部分純資産直入法の処理を行いたい。なお税効果会計を考慮して実効税率は40%とする。

解答・解説は次ページへ


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    井上 修(福岡大学講師・公認会計士) 令和2年の公認会計士論文式試験ももう間もなく始まります…
  2. 2
    井上 修(福岡大学講師・公認会計士) 「財務会計論で1点でも多くとる解答戦略」では、白紙答案…
  3. 3
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  4. 4
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  5. 5
    西崎恵理さん(30代、税理士法人勤務) ●合格科目 簿記論(平成25年) 財務諸表論…
ページ上部へ戻る