低額譲受により取得した固定資産に時価を付す理由


平成8年の税理士試験の財務諸表論で、贈与時の取得原価に関する出題がされているんですね。

今の試験委員の先生方も、過去に出題されたことがある論点は必ずチェックしていますので、イマ風にアレンジして出題されることは大いに考えられます。

低額譲受により取得した固定資産に時価を付す理由

オリジナルサイト:税理士試験 簿記論 講師日記

ちなみに、会計人コース4月号では、過去問に関する特集を取り上げる予定ですので、乞うご期待!


関連記事

【最新】会計人コース 2020年4月号発売中!

ランキング

  1. 1
    受験生の皆さん、桜も咲き、暖かい日が増えてきましたね。今年は新型コロナウイルスの影響で、お花見も自…
  2. 2
    国税庁
    会計人コースWeb編集部 コロナウイルスが感染拡大している影響もあって、編集部宛てに「今年の…
  3. 3
    名前:岩上孝子さん(30代,税理士事務所勤務)合格科目:簿記論(平成24年),財務諸表論(平成25…
  4. 4
    この記事は『会計人コース』2020年4月号の付録「これだけは解いておきたい 簿・財 Aランク過去…
  5. 5
     みなさん、財表理論、どう勉強していますか?  税理士・会計士受験生の中には、「計算は得意だ…
ページ上部へ戻る