つぶ問7-3(財務諸表論)―外貨、デリバティブ、ヘッジ、税金、税効果


「つぶ問」は、『会計人コース』2018年9月号~2019年8月号の連載「税理士試験 独学合格プロジェクト」簿記論・財務諸表論に連動してTwitterで週1回配信した問題です。「粒ぞろいな問題」を「つぶやく」ことから、「つぶ問」とネーミングしました。
合格には、勉強をしない日を作らないことと、スキマ時間を活用することが大切です。「つぶ問」は簿・財それぞれ平日1問ずつ更新していきますので、ペースメーカーとしてご活用ください<1‐1~11‐4(最終)>。

【問題】

 外貨建取引に対するヘッジについて、次の設問に答えなさい。

① 外貨建債権債務(予定取引ではない)の外国為替相場の変動をヘッジする目的で為替予約取引を締結した場合の原則的な処理方法及びその論拠を説明しなさい。なお、ヘッジ会計の要件は満たしているものとする。

② 振当処理を行った場合の直々差額(ヘッジ対象にかかる直物為替相場の変動によって生じた差額)と直先差額(ヘッジ対象にかかる直物為替相場とヘッジ手段の先物為替相場の差によって生じた差額)の処理方法及びその論拠を説明しなさい。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    M(大学3年生・経済学部) [word_balloon id="unset" src="ht…
  2. 2
    こんにちは! 会計人コースWeb編集部です。 1月4日、会計人コースWebのTwitterを…
  3. 3
    会計士を目指す皆さん、こんにちは!  「会計人コースWeb」編集部です。 新しい年とな…
  4. 4
    税理士試験に合格された方、本当におめでとうございます! これまでの努力が実を結びましたね。 …
  5. 5
    令和3年度税制改正大綱が、12月10日に取りまとめられました。税制改正の内容は新聞やテレビ等でも報…
ページ上部へ戻る