イメージでつかむ「会計基準」:保守主義の原則とは


本連載は、『会計人コース』2018年9月号 別冊付録『イメージで学ぶ「会計基準」』を 編集部で加工・再編集したものです。バックナンバーはこちらからご購入ください。

第22回 保守主義の原則3

従業員にボーナス(賞与)を支給したり、建物を購入したりといった大きな費用が発生することがあります。

そのため、予測できる範囲で費用を見積もることは大切です。

しかし、宇宙人が地球に攻めてくるかもしれないから、地下に大型のシェルターを買う費用も見積もるなどといった、発生の可能性が極めて低い費用を見積もることはできません。つまり、発生の可能性が高いものを予測して将来を考えるということです。

保守主義の原則に基づく会計処理は、他の諸原則で認められる範囲内で最も財務的な安全性を確保できる方法を採用することが前提となっています。

とはいえ、企業独自の政策から過度に保守的な会計処理を行うことは、企業の財政状態および経営成績の真実な報告をゆがめることになりますので、認められるものではありません。

たとえば、利益を過少に評価しすぎて、税金や配当金等の支払いを必要以上に防ぐ行為は逆粉飾の経理となります。過度に保守的な会計処理は適正とはいえません。本来その企業が持っている利益を生み出す力(業績)も読み取ることができません。


ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年5月号発売中!

ランキング

  1. 1
    受験生の皆さん、桜も咲き、暖かい日が増えてきましたね。今年は新型コロナウイルスの影響で、お花見も自…
  2. 2
    国税庁
    会計人コースWeb編集部 コロナウイルスが感染拡大している影響もあって、編集部宛てに「今年の…
  3. 3
    名前:岩上孝子さん(30代,税理士事務所勤務)合格科目:簿記論(平成24年),財務諸表論(平成25…
  4. 4
    この記事は『会計人コース』2020年4月号の付録「これだけは解いておきたい 簿・財 Aランク過去…
  5. 5
     みなさん、財表理論、どう勉強していますか?  税理士・会計士受験生の中には、「計算は得意だ…
ページ上部へ戻る