【イメージでつかむ会計基準】第22回:保守主義の原則(3)


従業員にボーナス(賞与)を支給したり、建物を購入したりといった大きな費用が発生することがあります。

そのため、予測できる範囲で費用を見積もることは大切です。

しかし、宇宙人が地球に攻めてくるかもしれないから、地下に大型のシェルターを買う費用も見積もるなどといった、発生の可能性が極めて低い費用を見積もることはできません。つまり、発生の可能性が高いものを予測して将来を考えるということです。

保守主義の原則に基づく会計処理は、他の諸原則で認められる範囲内で最も財務的な安全性を確保できる方法を採用することが前提となっています。

とはいえ、企業独自の政策から過度に保守的な会計処理を行うことは、企業の財政状態および経営成績の真実な報告をゆがめることになりますので、認められるものではありません。

たとえば、利益を過少に評価しすぎて、税金や配当金等の支払いを必要以上に防ぐ行為は逆粉飾の経理となります。過度に保守的な会計処理は適正とはいえません。本来その企業が持っている利益を生み出す力(業績)も読み取ることができません。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る