なぜ一生懸命計算問題を解いているのに、解けるようにならないの?


計算問題をあんなに一生懸命繰り返し解いているのに、ちっとも解けるようにならない、と悩んでいる受験生も多いと思います。

なぜ解けるようにならないのでしょうか?

それは「わかったつもり」になっているのが大きな原因の1つ。

では、「わかったつもり」→「わかる」→「解ける」とするためにはどうしたらいいの?

そこで、本誌2月号付録『レーダーチャートで自己分析 簿・財 勉強習慣判定ドリル』(平井孝道先生著)をオススメします!


ページ:

1

2 3

関連記事

【最新】会計人コース 2020年3月号発売中!

ランキング

  1. 1
    名前:岸川 祐次 さん年齢:50代(2020年1月で大台に乗りました)職業:税理士法人勤務合格科目…
  2. 2
    『間違いだらけの計算問題』(会計人コース3月号別冊付録) 今年の春に小学校に上がるうちの長男…
  3. 3
    珈琲を飲んで試験勉強
    簿記は「仕訳に始まり仕訳に終わる」って言われます。 でも、取引などをどう仕訳するか覚えるだけ…
  4. 4
    簿・財(第69回)合格者×受験生-聞きたい・知りたい 合格者のホンネ この記事は『会計人コー…
  5. 5
    野中麻衣子さん(会社員) ●合格科目簿記論・財務諸表論(平成17年)消費税法(平成2…
ページ上部へ戻る