なぜ一生懸命計算問題を解いているのに、解けるようにならないの?


計算問題をあんなに一生懸命繰り返し解いているのに、ちっとも解けるようにならない、と悩んでいる受験生も多いと思います。

なぜ解けるようにならないのでしょうか?

それは「わかったつもり」になっているのが大きな原因の1つ。

では、「わかったつもり」→「わかる」→「解ける」とするためにはどうしたらいいの?

そこで、本誌2月号付録『レーダーチャートで自己分析 簿・財 勉強習慣判定ドリル』(平井孝道先生著)をオススメします!


固定ページ:

1

2 3

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    公認会計士試験受験生のみなさん、就職活動について、お悩みはありませんか?会計専門のエージェントであ…
  3. 3
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  4. 4
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  5. 5
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
ページ上部へ戻る