税理士試験 合格発表から試験日までのスケジュールを考えてみよう!


2.直前期における学習スケジュール

受験専門学校では、本試験を解く上で必要な知識を身に付ける講義の終了後、その身に付けた知識を答案に表現できるようにするための「模擬試験(以下「答練」という。)」を実施します。

科目・コースによって答練の実施時期は異なりますが、4月上旬から8月上旬にかけて実施されるのが一般的です。

「資格の大原」では「実力判定公開模試」「直前対策模試」「全国統一公開模試」「直前予想模試」等、時期に応じて様々な答練を実施し、「本試験に向けた重要項目の確認」「本試験予想問題」を確認していきます。大まかな流れは次のとおりです。

●4月上旬~6月上旬 実力判定公開模試

●6月上旬~7月上旬 直前対策模試

●7月下旬 全国統一公開模試

●7月下旬~8月上旬 直前予想模試

実力判定公開模試・直前対策模試で重要基本項目の確認・総復習を行い、7月下旬以降は本試験を意識した予想問題を解くことで合格に必要な実力を養成しましょう。


固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

【広告企画】カシオの「人間工学電卓」ってどんな電卓? 〜開発者に聞いてみた!&抽選で5名様にプレゼント!

noteで配信中✨第74回税理士試験 専門学校等の出題予想をイッキ見!【簿・財・法・消・国】

【広告のご案内】掲載要領(PDF資料)

ページ上部へ戻る