【イメージでつかむ会計基準】第12回:正規の簿記の原則(2)


正確な会計帳簿を作るにはどうしたらよいでしょうか?

前回「正規の簿記の原則1」で解説したように、試合を見ていない人に内容を偽りなく報告するためには、試合の内容が記録されたメモに、①すべての状況、②証拠データ、③統一したルールでの記録を完備し、それを基に報告することが重要です。

この①~③の内容に不備があれば、隠蔽(いんぺい)、データの立証の不十分、不明瞭等、誤った内容を報告してしまう可能性があります。

正確な会計帳簿には次の3つの要件を満たすことが求められます。

まず1つ目が「網羅性」です。これは企業の経済活動をすべて記録することをいいます。次に「立証性」です。これは領収証等、取引が立証できる証拠に基づいて記録されていることをいいます。最後に「秩序性」です。これは、すべての記録が継続的、組織的に行われていることをいいます。

これらを満たす会計帳簿は、一般的に複式簿記によって作成された会計帳簿が該当します。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る