イメージでつかむ「会計基準」


第6回 損益計算書は企業の通信簿

損益計算書はある期間における企業の成績を示します。通信簿では、1学期・2学期…という期間で区切って成績が評価されていたのと同様、損益計算書でも企業の成績を示すために一定期間で区切る必要があります。

通信簿では10段階評価や5段階評価などで成績を評価されましたが、企業は利益額で成績を示します。

通信簿では成績評価がゼロやマイナスになることはありませんが、損益計算書では利益がゼロになったりマイナス(当期純損失)になることもあります。

ここまで見てきたように、損益計算書は企業の一定期間の経営成績を明らかにします。収益の額からこれに対応する費用の額を差し引くことで、一定期間の利益額を計算することができます。次の損益計算書を見てください。

収益の額30円-費用の額20円=当期純利益10円

このように、収益の額から費用の額を差し引いて一定期間の利益額を計算する方法を損益法といいます。損益法によって利益を計算することで、どのような取引から利益が発生したかという発生原因を示すことができます。
しかし、「現金が10円増加した」というような財産的裏づけを示すことはできません。


ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年3月号発売中!

ランキング

  1. 1
    名前:岸川 祐次 さん年齢:50代(2020年1月で大台に乗りました)職業:税理士法人勤務合格科目…
  2. 2
    『間違いだらけの計算問題』(会計人コース3月号別冊付録) 今年の春に小学校に上がるうちの長男…
  3. 3
    珈琲を飲んで試験勉強
    簿記は「仕訳に始まり仕訳に終わる」って言われます。 でも、取引などをどう仕訳するか覚えるだけ…
  4. 4
    簿・財(第69回)合格者×受験生-聞きたい・知りたい 合格者のホンネ この記事は『会計人コー…
  5. 5
    野中麻衣子さん(会社員) ●合格科目簿記論・財務諸表論(平成17年)消費税法(平成2…
ページ上部へ戻る