イメージでつかむ「会計基準」


第1回 企業会計の役割って何?

企業会計とは、企業の外部・内部の利害関係者が適切な判断と投資意思決定ができるように 企業が営む経済活動を認識・測定・記録・伝達する行為です。順に見ていきましょう。

現在、多くの企業は利益を求めて日々の経済活動を行っています。会計は、企業を取り巻く関係者が、企業の経済活動に関する情報を整理したいときに利用されます。

まず、経済活動のうち会計の領域で「認識」できる活動を整理することで、会計情報を利用することができます。たとえば建物を買う等の活動は、会計の領域で認識できますが、購入の約束(契約)をしただけでは認識しません。

次に「測定」です。測定とは、会計の領域で対象となった経済活動を金額で割り当てることです。

さらに、認識・測定された経済活動を会計帳簿に「記録」します。

最後に、記録された結果を財務諸表に表示して利害関係者へ報告します。これが「伝達」です。

この4つのプロセスが企業会計の役割です。

それでは、確認テストにチャレンジしてみましょう!


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る