【日商2級から税理士へ ステップアップ会計教室】第25回:現金預金①


【解答】

(2)の仕訳

(借) 通信費 6,000
 租税公課 5,000
 旅費交通費 78,000
 (貸) 小口現金 89,000

(3)の仕訳

(借) 現金過不足 1,000
 (貸) 小口現金 1,000

【解説】

本問は小口現金に関する問題です。

小口現金係から郵便切手6,000円、収入印紙5,000円、交通費78,000円、合計89,000円の支払報告を受けましたので、この支払額により小口現金勘定を減少させます。月末になり、小口現金の実地調査をしたところ、10,000円であることが判明しました。月末における小口現金勘定の帳簿残高は100,000円-89,000円=11,000円ですので,11,000円-10,000円=1,000円が不足しています。

この不足額の原因は現在調査中であり、当月末は決算ではないため、現金過不足勘定を使い会計処理を行います。

<執筆者紹介>
渡邉 圭(わたなべ・けい)
千葉商科大学基盤教育機構で専任講師を務める傍ら、会計教育研究所「瑞穂会」で税理士試験講座(簿記論・財務諸表論)と日商簿記検定1級~3級講座を開講し、ともに多数の合格者を輩出している。


固定ページ:
1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    M(大学3年生・経済学部) [word_balloon id="unset" src="ht…
  2. 2
    こんにちは! 会計人コースWeb編集部です。 1月4日、会計人コースWebのTwitterを…
  3. 3
    会計士を目指す皆さん、こんにちは!  「会計人コースWeb」編集部です。 新しい年とな…
  4. 4
    税理士試験に合格された方、本当におめでとうございます! これまでの努力が実を結びましたね。 …
  5. 5
    令和3年度税制改正大綱が、12月10日に取りまとめられました。税制改正の内容は新聞やテレビ等でも報…
ページ上部へ戻る