【論述に強くなる!財表理論講座】第6回:棚卸資産会計①



全31回のプログラムで、税理士試験・財務諸表論に強くなる! 
論点ごとに本試験に類似したミニ問題を用意しました。まずは問題1にチャレンジし、文章全体を何度か読み直したところで問題2を解いてみましょう。そして、最後に論述問題を解いてください。


長島正浩
(茨城キリスト教大学経営学部准教授)

まずは問題にチャレンジ!

通常の( ① )で保有する棚卸資産は,( ② ) をもって貸借対照表価額とし,期末における ( ③ ) が( ② )よりも下落している場合には,当該 ( ③ ) をもって貸借対照表価額とする。この場合において,( ② )と当該( ③ )との差額は( ④ )として処理する。
通常の( ① )で保有する棚卸資産について,( ⑤ )による簿価切下額(前期に計上した簿価切下額を戻し入れる場合には,当該戻入額相殺後の額)は( ⑥ )とするが,棚卸資産の製造に関連し不可避的に発生すると認められるときには製造原価として処理する。

問題1  
文中の空欄( ① )から( ⑥ )にあてはまる適切な用語を示しなさい。

問題2 
( ③ )とは何か,内容を説明しなさい。

解 答

問題1

① 販売目的
② 取得原価
③ 正味売却価額
④ 当期の費用
⑤ 収益性の低下
⑥ 売上原価

問題2

「正味売却価額」とは、売価(購買市場と売却市場とが区別される場合における売却市場の時価)から見積追加製造原価及び見積販売直接経費を控除したものをいう。

基本的な考え方

・時価には、正味売却価額再調達原価がある。

・前期に計上した簿価切下額の戻入れに関しては・当期に戻入れを行う方法(洗替え法)と行わない方法(切放し法)のいずれかの方法を棚卸資産の種類ごとに選択適用できる。

・収益性の低下による簿価切下額(前期に計上した簿価切下額を戻し入れる場合には、当該戻入額相殺後の額)は、注記による方法又は売上原価等の内訳項目として独立掲記する方法により示さなければならない。

金や銀などの鉱産物は、販売可能な市場が存在することを前提として、従来から、生産完了時点での市場価格に基づいて収益を認識する生産基準(収穫基準)が適用されていた。


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    本Webをご覧いただいている税理士受験生の皆さんのなかには、会計事務所に勤めている方も多いと思いま…
  2. 2
    日本商工会議所から日商簿記検定2級・3級のネット試験について、お知らせがありました。 コロナ…
  3. 3
    吉田たかよし(本郷赤門前クリニック院長) 私は日本ではじめて受験生専門の心療内科クリニックを…
  4. 4
    編集部 本日,『大学院ルートで税理士になる!』(会計人コース編集部編)が刊行されました。 …
  5. 5
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
ページ上部へ戻る