簿・財 間違いさがしで実力チェック~問題3 有価証券①


早稲田大学大学院会計研究科非常勤講師・公認会計士 加藤大吾

本連載では,簿記論・財務諸表論の計算問題における出題範囲について,特に誤答が多い論点を中心に,間違いやすい論点を取り上げていきます。
各問の【解説】に書かれている計算過程,仕訳および解答の金額に誤りが含まれているので,「ここが間違いじゃないかな?」という誤りを指摘してください。
電卓をたたかなくても,間違いさがしは可能です。
理解度や実力試しに、チャレンジしてみてください。

本連載は,会計人コース2020年3月号別冊付録「読んで考えて総復習 間違いだらけの計算問題」を再編集したものです。


難易度★★☆☆☆

【問題3】有価証券①

【問】 次の〔資料〕に基づき,当期末(X2年3月31日)の貸借対照表のその他有価証券評価差額金はいくらか,求めなさい。

〔資料〕
1.当社の保有する投資有価証券は,その他有価証券として保有する時価のある株式(2銘柄)である。
2.その他有価証券の会計処理は,全部純資産直入法により,評価差額に対して税効果会計(法定実効税率30%)を適用する。また,時価が取得価額の50%以上下落している場合には減損処理を行うが,税務上,評価損は損金に算入される。
3.保有する投資有価証券の内訳は,次のとおりである。なお,期中に売買は行われていない。

銘 柄取得価額前期末時価当期末時価
A社株式10,000円9,000円12,000円
B社株式20,000円8,000円21,000円

【間違いを含む解説】

1.決算整理仕訳
(1) A社株式
(借) 投資有価証券 2,000
    (貸) 繰延税金負債       600
     その他有価証券評価差額金 1,400
(注1) 評価差益:12,000円(時価)-10,000円(取得価額)=2,000円
(注2) 繰延税金負債:2,000円×30%=600円
(注3) その他有価証券評価差額金:2,000円-600円=1,400円
(2) B社株式
(借) 投資有価証券 1,000
    (貸) 繰延税金負債       300
      その他有価証券評価差額金 700
(注1) 評価差益:21,000円(時価)-20,000円(取得価額)=1,000円
(注2) 繰延税金負債:1,000円×30%=300円
(注3) その他有価証券評価差額金:1,000円-300円=700円
2.B/Sその他有価証券評価差額金(解答の金額)
1,400円(A社株式)+700円(B社株式)=2,100円


次ページ→ココが間違い!


固定ページ:

1

2

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    公認会計士試験受験生のみなさん、就職活動について、お悩みはありませんか?会計専門のエージェントであ…
  3. 3
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  4. 4
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  5. 5
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
ページ上部へ戻る