<直前期集中連載>財表理論 インプット&アウトプット同時マスター講座②:FW②


Ⅰ 概念フレームワーク②

03.比較可能性の意義 ★★★
 会計情報が利用者の意思決定にとって有用であるためには,会計情報には①比較可能性がなければならない。…そのためには,②同様の事実(対象)には同一の会計処理が適用され,異なる事実(対象)には異なる会計処理が適用されることにより,会計情報の利用者が,③時系列比較や④企業間比較にあたって,事実の同質性と異質性を峻別できるようにしなければならない。

04.会計情報の質的特性の体系 ★


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    令和2年公認会計士試験に合格された方、本当におめでとうございます! これまでの努力が実を結び…
  2. 2
    「iPadで勉強する人がもっと増えたらうれしいです!」 2021年1月、ご自身のTwitte…
  3. 3
    もち(税理士法人勤務・40代) [word_balloon id="unset" src="…
  4. 4
    うだ(税理士法人勤務・50代) [word_balloon id="unset" src="…
ページ上部へ戻る