【イメージでつかむ会計基準】第13回:資本取引・損益取引区分の原則(1)


連載も第13回となり、タイトルに出てくる単語も難しくなってきましたね。

ここでは「株主(ご主人)からもらうお金は儲けではない」というイメージをしましょう株主(ご主人)からもらうお金は、儲けではなく元手です。

元手から営業を行い、その結果から儲けがいくらあるか計算をします。

元手がわからないと、営業していくら儲かったのかわかりませんよね。

企業会計原則・一般原則の三は「資本取引・損益取引区分の原則」です。資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、特に資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならないというものです。

ここでは用語を正確に押さえておきましょう。
まず、資本取引とは株主資本の直接的な増減取引(資本金、資本剰余金の増減取引)で、損益取引とは株主資本を運用して利益が生じる取引(収益取引・費用取引)です。

そして、資本剰余金とは資本取引から生じた剰余金で、利益剰余金とは損益取引から生じた剰余金をいいます。


固定ページ:

1

2

関連記事

いま受験生にオススメの本

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    税理士試験は直前期まっただなか。 会計人コースBOOKS『税理士試験 直前予想問題集』(中央…
  2. 2
    公認会計士論文式試験まで残り1ヵ月。過去に「5月短答式→8月論文式」を突破した先輩は、直前期にどん…
  3. 3
    編集部  本試験までいよいよ2ヵ月を切り、受験生の皆さんは最後の追込みに突入ですね。 …
  4. 4
    日商簿記検定の統一試験(第158回)が、6月13日(日)に実施されました。 “新しい試験制度…
ページ上部へ戻る