計算が2倍速くなる! 電卓力アップ講座 「選び方と便利な使い方」


◆処理スピードの最速化

 自分にあった電卓を見つけたら,次はいかに電卓を使いこなして処理スピードを最速化できるかです。

 まず,電卓を打つ手をどちらにするかですが,私は字を書くほうと反対の手で打つことをオススメします。過去に両手打ちを駆使する異色の会計士試験の成績優秀者もいたのでマストではありませんが,基本的に筆記具の持ち替え等のタイムロスを減らすことができるなど多くのメリットがあります。普段と反対の手での電卓操作は,学習初期段階だと不慣れで違和感を覚える方も多いと思います。しかしスポーツと同じように,反復練習を続けることで次第になれて処理スピードもあがり,ブラインドタッチもできるようになるので継続して取り組んでみてください。

 加えて,計算の正確性も上げながら処理スピードをアップさせるためにぜひとも知っておいたほうがいいのが,電卓の機能です。電卓には実にさまざまな機能があります(詳細な説明は,電卓の説明書に譲ります)。

 簿記の計算問題ではメモリー機能もよく使いますが,なかでもうまく使いこなせると計算が楽になるオススメの機能は,=を使った「定数計算機能」と「グランドトータルボタン(GT)」です。簿記の学習が進むとよく出てくる割引率や現在価値合計の計算などで活躍してくれるはずです。

 電卓の機能を知り使いこなせれば,1つの計算だけでも大きなスピードの差を生むことができます。これが積み重なれば,本試験の限られた時間で解ける問題の量に差がつくことも想像にたやすいでしょう。結果,得点期待値の最大値にも差がつき,合格可能性にも大きく差がつくことになります。知識を高めると同時に,自分に合った電卓を選択し使いこなすために時間を投資しましょう。道具にこだわり投資を惜しまない姿勢を持ち,最高のパフォーマンスを発揮して合格をつかみ取ってください。

*本稿は、『会計人コース』2019年10月号の要約版です。
誌面ではより有益、かつ詳細な使い方の解説がされています。
バックナンバーをぜひご覧ください。

奥村武博(公認会計士)
公認会計士。株式会社スポカチ代表取締役、一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構代表理事、税理士法人・株式会社オフィス921スーパーバイザー、監査法人非常勤職員。1998年ドラフト6位で阪神タイガースに入団。2001年に現役引退後、公認会計士を目指すことを決意。2013年に合格。日本初、元プロ野球選手の公認会計士となる。著書に『高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!』(2017年、洋泉社)がある。


固定ページ:
1 2 3

4

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  3. 3
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  4. 4
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
  5. 5
    第1回は、新型コロナウイルスによる就職・転職事情への影響と、事務所選びのポイント、をお聞きしま…
ページ上部へ戻る