税理士簿・財、会計士財務会計論  計算4択・1分クイズで理解度チェック㉙―剰余金配当時の準備金積立額


問29 剰余金配当時の準備金積立額(難易度:★★)

 定時株主総会で繰越利益剰余金18,000千円とその他資本剰余金4,500千円を財源として配当を行うことが決議された。この時に資本金が250,000千円、資本準備金が32,500千円、利益準備金が28,200千円であった場合に剰余金配当時に利益準備金として積立てるべき金額で正しいものを下記の中から選択しなさい。

(1) 360千円 
(2) 1,440千円 
(3) 1,800千円 
(4) 2,250千円 


固定ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年8月号発売中!

会計人コース 2020年7月臨時増刊号発売中!

ランキング

  1. 1
    経済活動が再開し、会社へ出社する人が増えてきましたね。神保町でもお昼時になると人口の増加を実感しま…
  2. 2
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉝加藤大吾(公認会計士、明治大学専門職大学院会計専門職研究科…
  3. 3
    本記事は、2020年7月臨時増刊号『税理士試験 でる順予想号』の「今年の出題予想を分析する 簿記論…
  4. 4
    令和2年度(第70回)税理士試験は、8/18(火)~8/20(木)に実施予定です。 例年より2週間…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉛中村亮介( 筑波大学ビジネスサイエンス系准教授 ) …
ページ上部へ戻る