税理士簿・財、会計士財務会計論  計算4択・1分クイズで理解度チェック⑭―退職給付引当金の計上


問14 退職給付引当金の計上(難易度:★)

 決算整理前残高試算表に退職給付引当金が80,000円計上されており決算で退職給付費用を計上したい。期首における退職給付債務は140,000円、年金資産は46,000円であり、当期の勤務費用は4,920円、割引率3%、長期期待運用収益率は2%である。また期中の退職一時金8,000円と年金基金への拠出額6,000円の支払は適切に処理されている。なお当期から退職金給付規程の改定により給与水準が引き上げられ、これにより過去勤務費用10,000円が発生した。過去勤務費用は当期より平均残存勤務期間10年の定額法で償却する。この場合の当期に計上する退職給付費用の金額で正しいものを下記の中から選択しなさい。

(1) 1,000円 
(2) 4,100円 
(3) 4,920円 
(4) 9,200円 


ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年7月号発売中!

ランキング

  1. 1
    新型コロナウイルスの影響も、現在はひとまず落ち着き、緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は…
  2. 2
    コロナに負けない! 会計人応援メッセージ㉘ 増山 英和(税理士) 1.ビジネスドクターとして…
  3. 3
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉗上野 雄史(静岡県立大学准教授)  今年は、日商簿記…
  4. 4
    コロナに負けない! 会計人への応援メッセージ㉕ 浅野 敬志(東京都立大学大学院教授) 1 信…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉔飛田 努(福岡大学准教授) ■COVID-19は中…
ページ上部へ戻る