はじめての税法科目の学び方Q&A


この記事は、『会計人コース』2020年2月号・特集「見直し&実践 折り返し点の勉強意識改革」を編集部にて再編集し、エッセンスをまとめたものです。フルバージョンは本誌をご覧ください。全国の大型書店さんで販売しているほか、こちらからお買い求め頂けます。

はじめての税法科目の学び方Q&A

東京CPA会計学院 所得税法担当講師 志水大介

税理士試験の合格発表、そして2020年を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。昨年の結果発表を受け、2020年より新たに税法科目にチャレンジする方も多々いることと思います。

今回の記事は、そういった方を対象に、税法科目にチャレンジする上でのポイントをQ&A形式によりお伝えすることを目的に執筆しました。

私自身も税法科目にチャレンジする際は、どのように学習を進めていけばよいか迷っていた部分も多々ありましたが、その時の経験を今回の記事で皆様にお伝えし、はじめて税法科目にチャレンジする方のお力添えすることができれば幸いです。

(注) 私が学習経験のある「法人税法」・「所得税法」・「相続税法」・「消費税法」を前提に記事を執筆しております。ご了承ください。

Q1 税法科目の試験問題はどのような形で出題されますか?

A1
【理論問題】(平均時間50分前後)
問いに対する取扱い及び根拠規定を解答する問題です。
【計算問題】(平均時間70分前後)
基本的には税額を求める問題ですが、内容や設問数等は各回によって様々です。

もう少し詳しく
税法科目の理論問題には、様々な出題形式があります。各税法の規定を解答する問題、具体的な事例に対して考えられる取扱いを解答する問題、各規定に共通するワードに関連する規定を列挙する問題、各規定の相違点を解答する問題など様々です。

また、解答にあたっては、根拠規定(条文)に沿った解答が評価されやすいこともあり、どの受験生も理論対策のテキスト集等を使用し、根拠規定に近い解答が作成できるようにしています。

税法科目の計算問題も理論問題と同様に様々な出題形式がありますが、基本的には税額を求めることが中心となります。どの税法科目もボリュームの多い問題が多く、また、細かな取扱いも出題されます。

作問者によっても難易度にバラつきがありますので、どの受験生もまずは、基本的な内容を正確に解答することを心掛けています。


Q2 税法科目と会計科目の違いは何ですか?

A2 下記の点が主な違いとしてあります。

項  目 税 法 科 目 会 計 科 目
理論問題の問われ方 取扱いそのものやその根拠規定が問われます。 取扱いの背景(理由)が問われます。
理論問題の解答方法 問題から自分自身で解答すべき範囲を考えます。 出題者がある程度解答する範囲を指定します。
数値基準の有無 多々あります。 あまりありません。
有利不利の判定 多々あります。 あまりありません。
取扱いの背景 (理由) 合理的な理由だけではなく、政策的な理由から取扱いが定められています。 合理的な理由に基づき、取扱いが定められている場合がほとんどです。

もう少し詳しく
税法科目は、実社会で多くの方に適用のある「法律」を学ぶため、どうしても会計科目とは違いが出てきます。

例えば理論問題は、会計科目の場合、取扱いの背景(理由)をキーワードとともに解答するため、「考え方」に比重が置かれている印象です。
対して税法科目の場合、規定そのものを解答する場合や与えられた事例に対して、結果としてどう取扱うか根拠規定等を踏まえて解答していくことから、「内容の理解」はもちろん、「取扱いを規定にあてはめて正確に解答する力」や「各規定間の横断的な理解力」が試されます。

また、会計科目の場合、出題者が解答範囲の指定を細かくしている印象ですが、税法科目の場合は、問題から制限時間の中でどのくらいの量を解答すべきか考えて解答作成を行わなければならないため、「解答作成能力」が会計科目に比べてより一層試される印象があります。

その他にも、税法科目は、「法律」である以上、「数値基準」が細かく設定され、選択制の規定は「納税者にとって有利となるような計算」を行わなければならないなど、会計科目にない「知識量」や「判断力」が必要となります。税法は、政策的な配慮から規定が創設されることも多々あり、そういった点も会計科目にはない違いです。


ページ:

1

2

関連記事

【最新】会計人コース 2020年7月号発売中!

ランキング

  1. 1
    新型コロナウイルスの影響も、現在はひとまず落ち着き、緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は…
  2. 2
    コロナに負けない! 会計人応援メッセージ㉘ 増山 英和(税理士) 1.ビジネスドクターとして…
  3. 3
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉗上野 雄史(静岡県立大学准教授)  今年は、日商簿記…
  4. 4
    コロナに負けない! 会計人への応援メッセージ㉕ 浅野 敬志(東京都立大学大学院教授) 1 信…
  5. 5
    コロナに負けない!会計人応援メッセージ㉔飛田 努(福岡大学准教授) ■COVID-19は中…
ページ上部へ戻る