「速く」「正確」な操作が可能になる 電卓のブラインドタッチ


◆ブラインドタッチを円滑にする練習をしよう

どのキーをどの指で打つかを決めたら,早速練習してみましょう。利き手ではない方の手で打つのが初めての方は,まずは電卓を見ながらその感覚に慣れてください。次に,正確さを心掛けて,ゆっくりでいいのでブラインドタッチができるようになりましょう。早く打つためには下の練習をストップウォッチなどで時間をはかりながら,徐々にタイムを短くしていくことを目標にすると効果的です。

たとえば、「横の練習」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 + 9 8 7 6 5 4 3 2 1=1,111,111,110

日々の勉強を始める前のルーティンとして練習を取り入れると、あっという間に上達しますよ!


固定ページ:
1 2 3

4

5

関連記事

「会計人コース」バックナンバーはこちら!

ランキング

  1. 1
    このたび,会計人コースBOOKSとして『大学院ルートで税理士になる!』が刊行されます。 「会…
  2. 2
    公認会計士試験受験生のみなさん、就職活動について、お悩みはありませんか?会計専門のエージェントであ…
  3. 3
    2020年8月18日~20日,第70回税理士試験が行われました。この結果によって,次の受験科目を決…
  4. 4
    こんにちは,編集部です。 2020年8月18日~20日、第70回税理士試験が行われました。受…
  5. 5
    税理士試験を受験されたみなさま、暑い中、おつかれさまでした。今年は、例年と異なる日程、会場の変更や…
ページ上部へ戻る